在宅ワークで月収30万稼ぎたい!どんな仕事なら可能?

在宅ワークに切り替えればこれまでの仕事中心だった生活からプライベートを充実させた生活にシフトすることができる!と、注目を集めている「在宅ワーク」という働き方。一番心配なのはその「収入」のことではないでしょうか。
在宅ワークは高いスキルや豊富な経験があれば高収入を得ることができますが、一般的には最初から手に入れるのは難しいものでもあります。
今回は、在宅ワークで月収30万円稼ぎたい場合、どんな仕事であれば可能なのかをご紹介します。

在宅ワークで月収30万稼ぐことは可能なのか?具体的な職業や必要となるスキルなどをご紹介

月収30万円稼げる在宅ワークとは

在宅ワークで月収30万円を稼げるようになるには、かなりのスキルが必要となります。誰でもできるような仕事は報酬単価が低く設定されているので、高収入を目指すのであれば、専門的なスキルを身につける必要があります。

数ある在宅ワークの中でも、高収入を目指せる在宅ワークをご紹介します。

プログラマー

プログラマーとは、さまざまなソフトウェアやシステムを作成する際に、プログラミング用語を用いて作る仕事です。これらのシステムはビジネスの世界だけでなく、公共の場や家庭の中でも活用されているものが多く、これから益々必要とされる職業です。

高度なプログラミングになると報酬単価も高額なので、高収入を得ることも可能です。

エンジニア

エンジニアとは、コンピューターシステムの設計・開発などを行う仕事です。近年、在宅ワークではウェブサイトや、アプリケーションの開発を手がける案件なども増加しています。

ITにおける専門家であるので、将来的な需要も高く報酬単価も高額です。

Webデザイナー

Webサイトを利用する企業の増加などの理由から、注目を集めている仕事がWebデザイナーです。Webサイトの見た目の美しさや、使いやすさを専門に行う仕事です。

デザインだけでなく、SEO対策などの知識やスキルがあれば、さらに高度な案件を受注することができます。

営業

在宅ワークでの営業は、Zoomなどのビデオ通話を利用した「リモート営業」となります。リモート営業のツールがあれば、顧客の元へ足を運ぶ必要が無く、遠く離れた地方や、海外とでも商談を行えます。

営業は成果主義というスタイルをとっている企業が多いので、結果に伴い報酬を得ることができます。

YouTuber

最近では子供が憧れる職業になっているYouTuberも、高収入を期待できる在宅ワークのひとつです。

YouTuberの収入源は「広告」だけでなく、ライブ配信中の投げ銭と言われる「スーパーチャット」、ファンクラブのようなシステムの「YouTubeチャンネルメンバーシップ」、そして企業から商品PRなどを依頼される「企業案件」などがあります。

Webライター

ライターとは文章を作る仕事です。WebライターはWebサイトの記事などを執筆する仕事です。

以前では新聞や雑誌、書籍などで情報を得るのが一般的でしたが、現在はWeb上で情報を得る人が急増しています。情報を得る手段がWebに移行することに伴い、Webライターの需要が急増しているのです。

翻訳家

翻訳家とは、外国語を日本語に、もしくは日本語を外国語に訳す仕事です。外国語のスキルを要する仕事なので、報酬も高額となっています。

書籍やビジネス書類を翻訳する高度な仕事から、海外の顧客からの問い合わせメールに対応するネットストアなどの仕事もあり、幅広い分野で活躍しています。

オンライン家庭教師

オンライン家庭教師は、Zoomなどのオンラインツールを利用し、家庭教師を行う仕事です。成果物を納品することにより報酬が発生するパターンが多い在宅ワークと異なり、時間単位で報酬を得ることができます。

長く続く自粛期間の影響で、オンライン家庭教師の需要は伸びています。学生だけに限らず、大人の習い事などにも利用されています。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分の動画サイトやブログサイトで広告主の製品などを宣伝し、見た人がそのサイトから資料請求をしたり、購入した場合などに、報酬が支払われたりする仕組みです。

紹介したものをサイトにアップしておけば、自然に収入を得ることができるという手軽さもあり、副業としても人気のある仕事です。

株・FX

株やFXは「投資」であり、利益があると見込んで資金を投じることです。現在の自粛期間中に、在宅で出来る投資を行う人が急激に増加しています。

分配金や配当金、債券の利子などで収益を得るインカムゲインや、売買によって得られるキャピタルゲインなどで利益を得ます。キャピタルゲインはリスクが高いものですが、利益が超高額になる場合もあります。

月収30万円稼ぐのはそれなりに厳しいけど…

在宅ワークを始めてすぐに高額収入を得ることが出来る人は、ほんの一握りだと言われています。始めたばかりの頃は、考えていたより収入を得られなかったという経験のある人が大半です。

月収30万円稼ぐのは、それなりに厳しいことでもありますが、実際に得ている人が大勢いるのも事実です。在宅ワークで高収入を得るには何が必要になるのでしょうか。

専門的なスキルが必要

在宅ワークでの高収入案件は、ほとんどが高いレベルを求められます。特に専門的なスキルが必要になるものばかりです。

在宅ワークでは「その人のスキル」が企業から求められているのです。誰にでも出来る仕事は、出来る人がたくさんいるわけですから、低価格な案件ばかりになってしまいます。

実務経験が重視される

専門的なスキルと並んで必要となるものは、実務経験です。知識があっても、実際の現場でしか得られないこともありますから、経験というものは非常に重要になります。

実務経験がある場合、取りまとめる仕事などを任せられることもあるので、高額報酬も望めます。

過去のポートフォリオや成果物があれば強い!

在宅ワークは、企業側からすると、一般的な採用試験のように学力や人物を重視するわけではありません。その人が、どんな仕事が出来るのかということを重要視しているのです。

もし、専門的なスキルや実務経験が浅い場合でも、過去のポートフォリオや成果物があれば強みになる場合があります。

実力が一目瞭然でわかる上、クライアントのイメージに合ったものであれば、案件を得ることができます。

自分を売り込む営業力も必要

在宅ワークは会社に勤めている時にように、自動的に仕事を割り振ってもらえるわけではありません。自分で仕事を探し、自分のスキルを売り込んでいかなければ、仕事を得ることはできないのです。

自分の持つスキルを正しく売り込むことが出来る営業力も必要になります。

クライアントを見極めることが大切

在宅ワークではクライアントを訪問することはほとんどなく、どのような企業なのかを知ることは難しいものです。なかには、突然連絡が取れなくなるという事例も耳にしますから、クライアントを見極める力も大切になります。

素早い返事、誠実な対応など、見極めるポイントはあるので、信頼できるクライアントなのかを冷静に見ておきましょう。

マルチタスク能力は必須

マルチタスクとは複数の作業を同時進行で行う能力のことです。ひとつひとつの案件の報酬単価が高額なのであれば問題ないのですが、在宅ワークで月収30万円を稼ぐ人は、いくつもの案件を同時進行で行っている場合が多いようです。

頭の中で数々の案件をコントロールしながら進めることができる能力は、必須であると言えます。

正社員求人を探し続けるのもおススメ

在宅ワーカーの多くは組織に所属しないフリーランスを選んでいる人が大半です。しかし収入の不安定さというリスクもあるため、在宅ワーカーへの道を諦めている人もいるのではないでしょうか。

実は正社員の在宅ワーカーという働き方も近年増加しています。安定した収入を得たいのであれば、在宅ワークの正社員求人を探し続ける方法もオススメです。

コツコツ続けることでコネクションが生まれることも

在宅ワークはコツコツ続けることが大切です。日々の仕事に対する姿勢を見ているクライアントが、他の案件を紹介してくれることもあります。

フリーランスにとって、人脈は非常に重要なものです。クライアントから紹介したいと思って貰えるような仕事を心がけましょう。

最初から稼げると思わないこと!

在宅ワークを始めてすぐに高額報酬を得ることは、ほぼできないと考えておいたほうが賢明です。最初から稼ぐことは無理だと考えたうえで、どのように在宅ワークでステップアップしていくか計画を立てておくことが大切です。総じてコツコツ続けることが結果につながるでしょう。

まとめ

在宅ワークで月収30万円稼ぐには「高いスキル」と「豊富な経験」が必須となります。はじめたばかりの頃は、すぐに高額な報酬を得ることはとてもハードルの高いことだと把握しておきましょう。

はじめは報酬単価が低額であっても、コツコツやればそれらは自分のスキルアップの場になったり、経験を積む場になったりするものです。誠実に仕事に取り組めば、さまざまなコネクションも生まれ、やがて高い収入を得られるようになります。

自身の磨いた能力が報酬に直結する在宅ワーク。ライフワークバランスを取りながらしっかり報酬を得ることのできる働き方を目指してみませんか?